銀座割烹 里仙 - RISEN

ご予約・お問い合わせ
03-3569-1521
English
銀座割烹 里仙

昼のお料理

お昼は和食の逸品で

銀座の本格割烹で、旬の味をお愉しみください。11時30分~15時まで(ご注文は14時まで)
※旬の食材を使用しているため、日々メニュー内容が変わります

五行会席

季節の味を本格会席でお楽しみください

五行会席
7,500円(税別)
四徳会席
5,000円(税別)
地仙コース
10,000円(税別)
夜の地仙コースの内容をご提供致します。

季節ごとに、荷物、小鉢、デザートの内容を変えてまいります。季節の味をお楽しみください。

舞囃子

銀座と「金春通り」にゆかりのある「能楽」を三段重に詰め込みました。 能楽の舞いをイメージした刀(アスパラ)、お囃子の太鼓(金時芋と独活のばち)、鼓(里芋)、能管(長芋)がお菜となって重箱を飾っています。 形や見た目ばかりでなく、味付けにも気を使いました。数種の魚介類、お肉、多種の野菜、果物が入り、1箱で十分にご満足いただける一品となっております。 「能楽」という日本の伝統文化を形にした、他店にはない里仙独自のランチです。奥深い和の情緒と風情を味わって頂ければと思います。

舞囃子(まいばやし)里仙能楽重
3,500円(税別)要予約
一の重
  • 刺身 鯛 あおり烏賊
  • 菜花黄味糝(なばなきみしん)(じょう) オクラ
  • アスパラ「刀」豆腐糝(とうふしん)(じょう)
  • 金時芋レモン煮「太鼓」ウド甘酢漬「ばち」
  • かます塩焼き かぼす挟み 小梅
  • 長芋「能管(のうかん)(笛)」胡麻みそ
二の重
  • 山桃ほうずき
  • 里仙玉子焼き
  • 牛肉西京焼き
  • 銀だら味噌漬焼き 笹帯 ライム
  • 茗荷甘漬(みょうがあまづけ)
  • いんげん白和え
三の重
  • 里芋「(つつみ)」姿煮
  • (かに)黄味(きみ)寿司
  • 鱒黄金(ますこがね)焼き
  • 花蓮根と帆立焼き
  • 幕の内ご飯
  • 胡瓜と生姜の塩漬け
外付け
  • 赤出汁 とろろ あご出汁
  • デザート 水羊羹とシャーベット

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

萌黄縁高弁当
里仙縁高
2,800円(税込)要予約
  • 汁(蛤どびん仕立、木の芽)
  • 焼物(西京焼、鳥つくね、だし巻、生姜)
  • 口取り(サヨリ黄身寿し、花百合根桜揚げ、あんず芋、うるい浸汁)
  • 煮物(梅山豚、辛子、筍木の芽焼、菜の花、蕨、出汁、桜麩、黄身直子煮)
  • ごはん(ひじき、梅、木の芽)
  • 香の物(レモン、長芋、しば漬)、赤出汁
  • デザート(胡麻豆腐、黒蜜、桜百合根、野菜花吹雪 三色)
  • 茶碗蒸し(白玉、亀甲餡)

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

のどぐろ一干し御膳
のどぐろ一干し御膳
2,500円(税別)
  • のどぐろ一干焼き
  • 煮物
  • 小鉢
  • ごはん
  • 香の物
  • 赤出汁・デザート

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

黒毛和牛すき焼き風御膳
黒毛和牛すき焼き風御膳
2,000円(税別)
  • すき焼き風鍋(卵)
  • 小鉢
  • ごはん
  • 香の物
  • 赤出汁
  • デザート

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

銀鱈西京漬
銀鱈西京漬
1,800円(税別)
  • 小鉢(しらすおろし)
  • 煮物(飛竜頭、水芋、菜の花、木の芽)
  • 焼物(銀鱈西京焼き、大根柚子漬)
  • 御飯(白米、香の物、三点)
  • 赤出汁(なめこ)
  • デザート(ママレードういろう、クリームチーズ、バナナソース、ラズベリー

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

鯛茶漬け
鯛茶漬け
1,500円(税別)
  • 煮物(角煮、里芋糝薯、莢豆)
  • 小鉢(菊花浸し)
  • 鯛切り身
  • 御飯・赤だし(浅利汁)・香の物
  • デザート(茄子、ココナッツクリーム、マスカット、ラズベリー)

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

デザートとコーヒー
デザートとコーヒー
和食のデザートとしてお楽しみいただける、里仙だけのオリジナルスウィーツです。
ランチにはデザートとコーヒーをお付けしています。

※小鉢、煮物、デザートは季節によって異なります

五行会席・四徳会席・地仙コースはお電話にてご予約ください。

ご予約は03(3569)1521にてお待ちしております。

鈴木良二料理長プロフィール

昭和25年2月19日生まれ、神奈川出身。
数々の割烹、旅館で料理長を歴任し、宮内庁御用の料理人を数多く輩出。東京都に30人もおらず、非常に難関である全国技能士会連合会認定の“日本料理マイスター”称号を持ち、日本料理研究会では師範を務める実力派。里仙開店と共に総料理長に就任し、現在に至る。

PAGE TOP