東京都中央区銀座八-八-八

閉じる

コンセプト

この八丁目八番八号という縁起の良い場所は、江戸情緒を残す「銀座の最後の砦」と言われている由緒ある「金春(こんぱる)通り」です。

室町時代以来繁栄し、江戸時代初期から観世太夫とともに江戸で能を演じていた名家、金春流の屋敷があったことから、その名をとどめているが、昔、能芸者が歌や舞などの芸に秀で、おもてなしの才能にも長けていたことから、昭和40年代まで多くの芸者の集る花街として賑わっておりました。

旬の素材を生かした、至高の料理を愉しむ。
洗練された盛り付けや吟味された器を愉しむ。
まごころのこもったおもてなしを愉しむ。

私たちが提供したい商品は、銀座割烹 里仙の、食にかける「おもてなし」です。

普段からご愛顧いただいております皆様に、手間ひまかけて、生み出される割烹の数々の味を気軽にお持ち帰りいただけるような場所を作りました。

心と体で「感じる」を愉しんでいただき、素敵なひとときをお過ごしいただければ幸いです。

八感を愉しむ。銀座割烹 里仙

お料理の味やおもてなしだけではなく、お料理を盛りたてる器が語りかけるものや厳選された食材を肌で感じて頂きたいとの想いからひとつひとつ料理人が真心を込めてお作りいたします。
今までお気づきにならなかった感覚をお愉しみいただければ幸いです。またお客様に心から喜んで頂けるよう、旬の美味しい料理と寛げる空間を目指して、従業員一同取り組んで参りたいと存じます。皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

八八八でご提供する品々

この度、皆様にご提供する商品として、銀座割烹 里仙監修のもと、里仙でお出しさせていただいている数々の商品のうち、とりわけ好評をいただいております和菓子やおつまみ、お酒や調味料などを中心に、すべてご家庭できちんとお召し上がりできるように、ご用意いたしました。また商品によっては、一部冷凍商品を扱っておりますので、皆様にできるだけ美味しく、新鮮なものを召し上がっていただくために、ご予約ののち、お渡しという形を取らせていただいておりますので、御了承くださいませ。